進路指導・
キャリア教育Career Guidance

中学生の段階から将来を見据えた進路指導


 

中学校 進路指導・キャリア教育

中高一貫教育校の利点を活かし、中学生の段階から、高校卒業後を見据えた進路学習を行っています。総合的な学習の時間には、職業の研究や大学で学べる学問の研究を行います。また、校外学習や修学旅行では大学を訪問し、大学での学びの魅力や特徴を実感して、よりよい進路選択に活かします。

調べ学習の取り組み

1年生から2年生にかけては職業について、さらに2年生から3年生にかけては学問について調べ、レポートや班ごとのポスターで発表します。

大学訪問

3年生の校外学習や修学旅行では、大学のキャンパス見学を行います。学生ガイドの案内でキャンパス内を巡り、大学の雰囲気を肌で感じるとともに、大学での学びの特徴や魅力、学生生活などについて生の声を聞き、自分の進路について考えるきっかけとします。

職場体験

2年生では、5日間の職場体験を通して、視野を広げ、社会と総合的に関わる実践力を養います。勤労を通して、「生きる力」を育成し、望ましい勤労観、職業観を身につけていきます。また、異世代間も含めた幅広いコミュニケーション能力も高めていきます。

 


 

高等学校 進路指導・キャリア教育

自ら学ぶことのできる環境を整えるとともに、進路選択に役立つ情報や刺激を得る機会を用意しています。
また、個に応じたきめ細やかな支援が一番の特徴です。

過去5年間の進路実績

進学補習

ほぼ1年間を通して実施され、多くの生徒が受講します。難関大学対策・小論文対策の個別指導や面接練習など、随時実施しています。

休日の自習室「サポート教室」

学校を「自学自習の場」として、中学1年生から高校3年生までの多くの生徒が利用しています。

 

進路講演会・進路説明会

進路についてどのように考え、どのように取り組むことが大切かということは、学年ごとに異なります。タイミングよく「進路講演会」を実施して、自分の進路実現に役立ててもらっています。
また、大学や専門学校で学ぶ学問について実際に大学の先生から説明を聞いたり、いくつかの大学の学部や入試について直接大学関係者から聞くことができる機会を設けています。また、教員志望や医療系志望者向けの説明会も実施しています。参加した生徒はとても積極的に質問します。

 

宿泊オリエンテーション

高校に入学してすぐに実施されます。
私語をせず、質問もせず、自分と向き合いながら「自学自習する」ことができるようになるための、初めての体験をしてもらいます。

河瀬高校卒業生である現役大学生から、生の体験談を聞くチャンスもあります。

 

HOME > 河瀬の学び > 進路指導・
キャリア教育

ページトップへ
Copyright © SHIGA Prefectural KAWASE Junior & Senior High School, All Rights Reserved.